読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harukazepc’s blog

インターネッツとAndroidなどが大好きです。あとは日々のことなど。

[読書メモ]小さなチーム、大きな仕事

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

  • 作者: ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン,黒沢 健二,松永 肇一,美谷 広海,祐佳 ヤング
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/01/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 21人 クリック: 325回
  • この商品を含むブログ (36件) を見る

  • 彼らは他人を彼らの墓に引きずり込もうとしている。信じてはいけない。そういう世界は彼らにとってはリアルかもしれないが、あなたがそこに生きる必要はない。
  • 長期のビジネスプランは幻想、占いの世界だ。計画を作っただけで、実際には制御できないものをコントロールした気になる。
  • 仕事依存症患者は重要な点を見逃している。時間を投入することで問題を解決しようとする、力技で埋め合わせようとする、これは見苦しい解決につながるだけだ。
  • 発明家のダイソンは、自分の問題を解決した。自分で解決すると決め、世界初のサイクロン式掃除機を作った。
  • 完璧なタイミングは決して到来しない。完璧なタイミングのことばかり考えていても、それは絶対にやってこない。
  • LIVE IT OR LEAVE IT! 本気で取り組め。さもなくば去れ!
  • 失敗するレストランのメニューには、あまりに多くの品が載っている。魅力のない食べ物に見えてしまう。まずはメニューを減らすことから始めるのだ。
  • GOOD ENOUGH IS fine そこそこのもので構わない
  • 政治キャンペーンの広告を見てみよう。大きな争点が飛び出すと、翌日には政治家は広告を流す、質は低い。にもかかわらずこれで十分なのだ。広告を完璧にしようとしていたら、それが出てくるのは遅すぎるだろう。
  • やめることが最善の方法となりうることを覚えておこう。人はやめることを失敗と関連づけがち、その時間を取り返すことはできないが、そんな状況ではさらに多くの時間を無駄にすることになる。
  • 睡眠を取ろう。手段を再検討するかわりにあなたが陥ってしまった間違った方針にはまりやすくなる。
  • 顧客の言うことを聞いていたら、もっと早く走る馬を彼らに与えていただろう。ヘンリー・フォード
  • 舞台裏について、誰も気にしない?そんなことはない。一見退屈な仕事もきちんと見せれば、魅力的に見える。
  • ドラッグの売人は、抜け目のないビジネスマンだ。彼らは、自分の商品がすばらしいことを知っているので、先に少量を無料で提供する。あとで初期投資以上のものが(現金で)戻ってくるとわかっているのだ。
  • 問題が起こるのは、必要以上の従業員がいるときだ。みんなを忙しくさせるために仕事をわざわざ作り始めるようになる。
  • 現在のアメリカのトップ500の企業のCEOの90%は、名門私立大学の連なるアイビーリーグの卒業生ではない。実際、ハーヴァード大学よりもウィスコンシン大学の卒業生のほうが多いのだ。
  • もし、選考の過程で決めかねているときには、文章力の有無は一つの大きな選考基準になるだろう。考え方がはっきりしているということである。コミュニケーションのコツもわかっている。ものごとを他人に理解しやすいようにする。他の人の立場に立って考えられる。何をしなくていいかもわかっている。
  • レストランビジネスでは調理場で働くのと客と接する仕事とでは雲泥の差がある。料理学校や小さなレストランはお互いにそれを理解することが大事だとわかっている、頻繁にシェフにウェイターの仕事をさせたりする。
  • 顧客と接する暇などない、と思っているなら、その暇を作らなければいけないのだ。クレイグリストのクレイグ・ニューマークは、いまだにサポートのメールに数分以内に対応している。
© harukazepc️