読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harukazepc’s blog

インターネッツとAndroidなどが大好きです。あとは日々のことなど。

TitaniumでAndroidアプリ作ってて感じたこと

android titanium

# 俺、チタニウム、って言っちゃいます。タイタニウム、ってなんかかっこ悪い気がするんだよなぁ、、、語感が。。。どうでもいいね!

さて、Androidアプリ開発者の視点でTitanium使ってて思ったことなどを書き留めてみます。
思い込みだったらごめんなさい&教えてください。
ちょっと前まではTitaniumのAndroid対応はかなりざっくりだったけど、最近は本格化?してきているようですし、ぜひTitanium本体側で対応してもらえたらうれしいなぁ。。。

  • Android開発するなら、一度javaでnativeアプリを作っとくべきかも

Activity,Menu,Intentといった、Androidの特徴については、titaniumでも結構そのまま出てきます。
ので、一度javaで作ってAndroidアプリの周辺を知ってから、titaniumで作り始めると良いかと思います。(偉そう

  • Tab/TabGroupのカスタマイズができない

タブの色味やフォントサイズなどのカスタマイズができないようです。
iPhoneのタブはかなり洗練されていますが、Androidでのタブは見た目がかなりしょぼい(というかいかにも「はじめて作りました!」的な)タブになってしまいます。。。
また、TabGroupはroot要素?となるため、入れ子にすることが出来ないため、下記ActionBarの配置や広告エリアの配置などができないようです。(タブ内に配置する、ということはできますが)
結局、いまのところタブについては自作しています。。。

  • ActionBarのAPIがない

多くのアプリで採用されているデザインパターンである、ActionBarについて、実装のためのAPIがまだ用意されていません。
実装するためには現状だと自分でビューを組み立てる形になりますが、できればiPhoneのナビゲーションバー(nav bar)同様に生成できるとうれしいですね。

  • コーディングらくちん

個人の感想ですが、コーディングがらくちんというか、簡単なアプリならとても作りやすい。

そしてiPhoneアプリも生成できるのも、Android屋的には幅が広がってうれしいですね。
特に情報提供アプリや簡単な位置情報連動/Webサイトのサブ的なアプリなどは、こういった形でiPhone/Androidと対象デバイスを増やしやすくてすばらしいっす。


いったんこのくらいで。
また気づいたらおって。

© harukazepc️