読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harukazepc’s blog

インターネッツとAndroidなどが大好きです。あとは日々のことなど。

GDD2011メモ: Android の優れたユーザーエクスペリエンス #gdd11jp

google gdd2011jp android

GDD2011のセッションメモ。
1つめは、「Android の優れたユーザーエクスペリエンス」 by Ryosuke Matsuuchiさん。

個人的にとっても有意義なセッションでした。

AndroidアプリにおけるUI品質とUIパターン、4.0でのUIなどについて、幅広く・でもわかりやすく納得できる内容でした。
自分が日々感じている、Androidアプリらしさ、っていうものをよりわかりやすく、意図を持って紹介されていました。

# Androidアプリで戻るボタンや下タブなiPhone的UIとか、もっとむちゃくちゃな独自UIとか見ると、なんとも言えない気持ちになる派です。

特にUIクオリティ5箇条!
すごいわかりやすいし、一緒に作る企画者やデザイナーにも念頭に置いて欲しいものばかり。
キレイにサンプルと併せてまとめられれば、すごいいいものになりそうだなぁ。
Android公式サイトとかで、うまくガイドライン化して告知・周知してほしい、と切に願います。
(&実際にオフィスアワーでリクエストさせていただきましたが。)

# むしろここに書いてあることを知らない・無視する人とは仲良くなれない気がしてきました(え

以下、セッションメモです。

      • -

UI Quality (UIクオリティ5箇条?)

  • be fast 〜 速く
  • be usable 〜 使いやすく
  • be beautiful 〜 美しく
  • be androidAndroidらしく
  • listen to your users 〜 ユーザの声を聞け
    • based on simple, beautiful, beyond smart
be fast 〜 速く
  • メインスレッドで、IO処理はしない
  • strictモードを使ってチェックする
  • ASyncTask, Intentservice, Loader を使う
  • TraceViewで確認する(カンや推測に頼らない)
  • 処理に時間がかかるなら、ユーザに状況を伝える
    • SpinnerやProgressBarによる明示
    • キャンセルボタンを実装する
be usable 〜 使いやすく
  • 独自・自己流でインターフェースを作らない
  • UIパターンを考慮する
    • ActionBar
    • Multi-pane Layouts
    • App Navigation
be beautiful 〜 美しく
  • タイポグラフィ(フォント、大きさ、行間など)
  • 色彩
  • レイアウト
  • 動き
  • 可能なら、ビジュアルデザイナー・インタラクションデザイナーと一緒にやれるのが望ましい
be androidAndroidらしく
  • application navi(?)
  • ActionBar
  • 独自・自己流でUIを作らない
    • リスト/メニュー/ボタン/スライダー/設定画面など
listen to your users 〜 ユーザの声を聞け
  • フィードバックを受けるフォームを用意し、アプリケーション上からアクセスできるようにする
  • Google Analytics等、行動解析を行う

Android4.0における具体例

  • 4.0は、携帯電話・タブレット・その他も対象
  • SystemBar(携帯電話でのNavigationBar)
  • Recent (最近使ったアプリを表示する機能。以前はホーム長押し)
  • Richer Notification (リッチな通知機能)
  • Resizable Widget
  • Widget Styling と Themes (theme.holoとtheme.devicedefault)
  • ハードウェア・メニューボタンが基本的に無くなる

UIパターン

ActionBar
  • 左:アプリケーションアイコン (ただの画像ではなく、最初に戻る「ボタン」)
  • 中:ビューの詳細(タブや検索、ドロップダウンメニューなどの機能も)
    • フットパスのような役割も求められる
  • 右:アクションボタン
    • ボタンとメニュー(Overflowメニュー=旧来のオプションメニュー)
  • action mode
  • Stacked Actionbar
    • landscapeでは収まるけど、portraitで収まらない場合に2段にする
  • Split Actionbar
    • 上記と同じ場合に、上下に分ける
  • APILevel 10(=Android2.3)以下の場合、ActionBarCompat を使う
Multi-Pane Layouts
  • 携帯電話の場合は画面A->画面Bという遷移、タブレットの場合は画面A+画面Bという並列配置
  • Fragmentを使う
  • 非対応な場合は、こちらも Compatible libraryを使う
ナビゲーション
  • Up (at Actionbar)
    • パターンA: contacts -> detail -> (up) -> contacs
    • パターンB: contacts -> detail -> gmail -> (up) -> gmail home

Dos and Dont's − やるべきこと、やってはいけないこと

  • APKはひとつにしましょう
    • MultipleAPKをマーケットでサポートしているが、なるべくやらない)
  • Compatibility Libraryを使いましょう
  • Dimensionsを定義して使いましょう(サイズの定数)
    • values/dimens.xml vs values-large/dimens.xml
  • 9patch bitmap を使いましょう
  • android-ui-utils を使いましょう
  • xlarge = タブレット、ではない (xlargeなphone、largeなタブレットもある)
  • dont overuse fill parent for large screen
  • ioschedデモを参考にしよう
© harukazepc️